橋本駅より徒歩3分 相模原、町田で遺言書作成・相続手続・相続税申告なら相模原・町田 相続サポートセンターへ!

相続方法の決定

ここでは、相続の方法について説明します。
相続人が確定し、遺産の概要も見えてきましたら、あとはそれをどう分けるかですが、遺産にはプラスの財産マイナスの財産があり、プラスの財産が多いか少ないかによって分ける際の考え方も変わってきます。
そこで、どのように考えるのかをみて行きましょう。

単純相続

遺産がプラスかマイナスかにかかわらず、遺産をそのまま引継ぐ方法です。
相続発生を知って3ヶ月以内に、どのように相続するかの手続きをとらない場合、
その相続は単純相続になります。
単純相続とは、「すべての財産を受け取ります。」ということです。
相続の判断は慎重に行ってください。


相続放棄

プラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合や、
何らかの原因で相続人になりたくない場合にとられることが多い方法です。
これは家庭裁判所に、相続を知ってから原則3ヶ月以内に申し出ます。
3ヶ月を過ぎた場合も含めて、相続放棄について理解してください。


限定承認

相続の方法は、上記の「単純相続」か「相続放棄」の原則ふたつです。
しかし、限定的にマイナス財産を受け取らない相続方法もあります。
これを「限定承認」と言います。
プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いかわからない場合に、
プラスの財産の限度の範囲でマイナスの財産も相続する方法です。
内容をしっかりと把握してください。




詳しい内容はこちら

単純相続とは

相続放棄とは

限定承認とは

 
相続についての無料相談・お問い合わせはこちらから


お待ちしております!

お問い合わせはコチラ

相続の無料相談はコチラ

トップページへ