橋本駅より徒歩3分 相模原、町田で遺言書作成・相続手続・相続税申告なら相模原・町田 相続サポートセンターへ!

相模原で相続のことは【相模原・町田 相続サポートセンター】へ(行政書士・税理士として相続をサポート)~相続税対策は「二次対策」も視野に~

相模原で相続に関することは【相模原・町田 相続サポートセンター】へ
~行政書士・税理士として相続をサポート致します~

相模原で相続に関することは【相模原・町田 相続サポートセンター】へ~行政書士・税理士として相続をサポート致します~

相模原相続に関する悩みがございましたら、ぜひ【相模原・町田 相続サポートセンター】へお問い合わせ下さい。【相模原・町田 相続サポートセンター】では、相続税対策や相続手続きをはじめ、遺産分割協議書の作成など様々なご相談を承っております。

行政書士税理士として相続をサポート致しますので、各専門家の視点から皆様の現状に適したサポートが行えると自負しております。

相模原で相続のお悩みは【相模原・町田 相続サポートセンター】へ
~親切・丁寧に分かりやすくサポート致します~

相模原で相続のお悩みは【相模原・町田 相続サポートセンター】へ~親切・丁寧に分かりやすくサポート致します~

相模原で相続のご相談は【相模原・町田 相続サポートセンター】が承ります。相続ではやることが多く、何から手をつければ良いのか分からないものです。初めての相続となるとなおさらです。

【相模原・町田 相続サポートセンター】は、お客様の「分からない」を一つひとつ親切・丁寧に解説しながら、相続をサポートしてまいります。相模原で相続についてお困りの際は、ぜひお任せ下さい。

相続税対策は「二次相続」も視野に入れることが大切

相続税対策を行うに当たっては、一次相続ばかりに目が行きがちです。しかし、しっかりと対策を行うためには「二次相続」も視野に入れる必要があります。

そもそも二次相続とは?

二次相続とは、その名の通り「二度目の相続」のことです。例えば、父が死去しその翌年に母が死去した場合、母の死去による相続が「二次相続」に該当します。お分かりいただけると思いますが、一次相続では相続人が母(妻)と子だったのに対し、二次相続は子のみとなっています。

一次相続よりも税負担が大きくなることも!

二次相続は一次相続よりも税負担が大きくなると予測されます。その根拠として挙げられるのが以下の二点です。

  • 相続人が減ることで相続税の基礎控除額が下がる
  • 「配偶者の税額の軽減」が利用できない

まず、相続税の基礎控除額は「3,000万円+600万円×相続人」という計算で算出されます。二次相続は「子のみ」が相続人となるため、一次相続よりも相続人の人数が少なく、結果として基礎控除額が下がります。

次に、「配偶者税額の軽減」が利用できないという点です。一次相続における相続対策では、配偶者が存命であることから配偶者税額の軽減を利用できますが、子のみで行う二次相続の場合、当然ながらこの制度は利用できません。そのため、違った角度から相続税対策を図る必要があります。

このように、二次相続は一次相続よりも税負担が大きくなりがちです。だからこそ、一次相続の対策を行う際は、二次相続も視野に入れ長期的な対策を図る必要があるのです。

【相模原・町田 相続サポートセンター】では、相続相談や家族信託も承りますので気軽にご連絡下さい。

お役立ちコラム

相模原で相続についてお困りなら【相模原・町田 相続サポートセンター】へ

事務所名 青木一彦税理士・社労士・行政書士事務所
住所 〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本6-4-15 Flos橋本303
TEL 0120-00-1236(相談専用)/042-773-2929 (9:00~20:00)
URL http://www.sagami-souzoku.com